FC2ブログ
2010/01/10 (Sun) やばい

久しぶりに!めっっっっっちゃ気に入ってしまう本に出会ってしまった!!きゃww

これです。

こごえた背中の、とける夜(MF文庫 ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)こごえた背中の、とける夜(MF文庫 ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2009/12/23)
沢木まひろ

商品詳細を見る


42歳時計職人の男性と、まだ幼さの残る20歳の青年の恋物語。

ドラマチックで、ロマンチックで、漫画や恋愛ドラマのようだった。

本当、恋が始まっていくときの甘さとか、それが深まにつれて重なる不安で、ぐらぐらした。入り込めすぎて。

展開の面白さもさることながら、文章が、素敵で、楽しめた。

わかりやすくて、親切な描き方だけれど、内容の熱っぽさや色っぽさを過剰にさせない堅さや重さもある文章で、

小説で描かれる意味が備わってた。

あと、男同士で、おおっぴろげにできない不安定な状況の下の恋愛だからかな、相手のことが、好きで好きでたまらない気持ちが、男と女の恋愛よりも切実に迫ってきた。

だから普通の「好きだ」って言葉でも、その威力をすごく感じた。ああ人を好きになると、それだけで心がぎゅっとなる気持ちになるよなぁ、というのがすごく伝わった。

漫画やドラマのような、どきどきわくわくな軽さも備えながら、雰囲気やリズムなどは小説特有のもので、文字で読むことの楽しみもあって。軽すぎるものも、難しすぎるものも嫌だ、とういうわがままな要望をすごく満足さえてくれる小説だった。

強いて言えば出会いの場面がわかりにくかった;でもだからあとの素敵さに驚いたぜ。

「アタマもカラダもやわらかいうちにやっとくべきだったことを今からがんばろうとしてるんだからさ。無傷で終わりゃしないわよ。満身創痍になって刺し違えるくらいのつもりでいないとね」

そうか。恋愛は、傷つくものよね。でも、それでもしたい!と思えるお話でした。あ~~~面白かった。






スポンサーサイト



読書 | trackback(0) | comment(0) |


<<テンプレートを | TOP | さっき>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://haname574.blog103.fc2.com/tb.php/63-8bacb8e2

| TOP |

プロフィール

ハナメ

Author:ハナメ
漫画とドラマと映画を愛してます。

たいした内容のブログではないですが、コメントもらえるとめっちゃ嬉しいです☆

よろしくどーぞ☆

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

FC2ブログランキング

☆☆よろしくおねがいします☆☆

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード