--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/14 (Mon) ザ・オカメインコ購入のわけ

じゃんっ!

ザ・オカメインコ―エンリッチメント・バードライフのすすめ (ペット・ガイド・シリーズ)ザ・オカメインコ―エンリッチメント・バードライフのすすめ (ペット・ガイド・シリーズ)
(2002/10)
磯崎 哲也

商品詳細を見る


すごくないですか?この本、オカメインコの専門書なんですが、3000円もするんです。

高いですよね(・o・;

先日「傍聴マニア」というドラマを観まして。その話がもう本当に切なくて><。


ある年配の男性が、自殺補助?の容疑で裁判にかけられるのを、イケメン向井理が傍聴するんですが。
夫婦で首吊り心中したのに夫だけ助かってしまうんですね。その縄は夫が結んだものだから、容疑をかけられて。
心中の理由は、妻が「一緒に死のう?」と望んだから。
何も尋ねることなく、夫はただ、承諾。
もとはホステスとボーイだった二人。
「字も読めず、計算もできず、ケンカするしか能のない私に、妻は初めて人間として接してくれました。」
子供が好きな妻は、「読めないなら、覚えればいいのよ。」と言って、“育(はぐくむ)”という字を教えてあげたのだった。
そして結婚した二人。だけど、妻は子供に恵まれなかった。
子供ができないことで自分を責め、自暴自棄になる妻。そんな妻を励まし、庭に近所の子供が来るように花壇を作り、給料は全て妻のために使い、一生懸命な夫。
そしてそんな夫に救われ、二人は仲睦まじい夫婦に。だけどそれでも、妻の孤独は埋めることができなかった。
夫に隠れて貴金属を買う妻。秘密の借金は1000万円にのぼってしまう。
そしてそれを苦に、心中を提案。助かった夫はそのとき初めて借金のことを知る。
妻からの手紙には、「なにも聞かずに、一緒に心中してくれてありがとう。そんな優しいあなたを、私のわがままで、で死なさせるわけにはいきません。生きている間に、どうしても借金のことを知られたくなかった。あなたに嫌われたら、生きていけないと思った。ごめんね。」的な内容が。
「心中に失敗した後、どうして奥さんの後を追わなかったのですか?」裁判長の質問に、「それは妻が、私の縄をわざとゆるくしていたからです。」泣きながら応える男性。

激しく長くなりました;

なんかね~文章がお粗末で伝わらないのですが、本当に、切なくて。

「妻の笑顔を見ていくことが幸せだったから、妻のいない人生には、意味がありません。」的な。だから心中も、何も聞かずに承諾した。

この二人にはきっと、これ以外の選択ってなかったんだろうなと。

例えば絶対夫は妻の借金を許してくれるだろうけれど、それでも妻は救われない。絶対に自分を責めて、結局夫婦は崩壊してしまうんじゃないかな。

埋められない喪失ってあるんだなと。喪失の美ですね。純文学の世界です。

それが切なくて切なくて、泣けて泣けて。

ふと隣をみると愛しい愛しいなつ(インコ)が。

ああ、なつが死んでしまったらどうしよう!生きているうちに、できるだけのことをしてあげよう、後悔しないように。

と思ってすかさずアマゾンで注文したオカメインコ専門書が上のそれなのでした☆

ここまでのくだりが長いですね。ちなみに中古で2500円。まだ読んでいないので、読むのが楽しみだ~~♪

ちょっと話がドラマの結末に戻ってしまうのですが、

例えば心中せずに、借金がばれて、それまでの完璧な夫婦の関係はなくなってしまって、妻は生きながらも心が死んでしまって。そういうことになったとしても、生きながらえているほうが、価値があるんじゃないかな、と思いました。今の私は。

まぁ物語としてはそれでは美しくないですよね。でも、救いがないのは嫌なんですよ~~><

だから純文学って、ちょっと。美しいけれど。うう>< 

ゼミの先生は、「小説は、人と人との一瞬の交わりが描かれえいるから美しい。これがハッピーエンドとなると二流の作品となってしまう。」的なこと言いますが。

私は二流でもいい、ハッピーエンドが好きだ~~~

でも、結局、心をぐらぐら動かされてしまったんですが。そういうことかな、先生の言う一流って。好き嫌いではなく。


そういうわけのオカメインコなのでした。



スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(2) |


<<宅配レンタルと飲み会 | TOP | ぎぃゃああああ~>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

その一瞬の気持ちは物凄く昇華されたもので、ハッピーエンドならそういう気持ちにはならないってことかなぁ。難しいです・・・。
本は劇薬っていいますが、救いのない本を読むと本当に辛くなりますよね。せめて何か、何か救いはないのかと探してしまって、見つからなくて数カ月ふさぎ込んだりして・・・。私は切ない話でもいいから、どこかに救いが欲しいです。作家の皆さん、助けてください~

2009/12/14 08:48 | りひ [ 編集 ]


 

コメントありがとうございます♪
そう、たぶんそうです。その一瞬の交わりの儚さに、凝縮された美をみるという・・・先生曰く。
私もなんだかよくわかってませんが××;
そうなんですよね~><救いのないお話を読むと、その空気にあてられて、沈んでしまいます。そーいうの書くって、それもすごいエネルギーなんでしょうね。作家さんってすご…(・o・)

2009/12/14 21:06 | ハナメ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://haname574.blog103.fc2.com/tb.php/46-152a235c

| TOP |

プロフィール

ハナメ

Author:ハナメ
漫画とドラマと映画を愛してます。

たいした内容のブログではないですが、コメントもらえるとめっちゃ嬉しいです☆

よろしくどーぞ☆

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

FC2ブログランキング

☆☆よろしくおねがいします☆☆

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。